MDMAの依存性はアルコールより弱い

 政策立案者の参考とするために作成された、ドラッグの安全性と依存性に関する報告書です。155ページの図において、アルコール、タバコなどの依存性や毒性の強さを比較しており、MDMAの依存性はアルコールなどにくらべて弱いことがわかります。

作成者Jefferson M. Fishについて

 Jefferson M. Fishはニューヨーク市にあるSt. John's大学の心理学の名誉教授で,そこでは学科長として勤務し,また臨床心理学プログラムにおける博士の指導者でもある。彼は12冊の書物〔最新の著書は電子本とペーパーバックの『民族の神話(The Myth of Race)』の著者または編集者であり,他に100冊以上の著書で民族,文化,療法,薬物政策,その他のトピックについて述べている。彼についての記事は 一般メディア(Psychology Today, Newsday, The Humanist)や学術誌(American Psychologist, Journal of Consulting and Clinical Psychology, American Anthropologistなど)にも登場している。
https://www.psychologytoday.com/experts/jefferson-m-fish-phd より一部引用和訳。)

 ・・・・・・・・・・

資料

(英文)
COMPARATIVE TOXICITY

A literature review of approximately three thousand articles was conducted over a period of eight years in order to compare the acute lethality of commonly abused psychoactive substances. Readers should consult Gable (2004a, b) to obtain details regarding both the methodology and results of the review. The estimated lethal quantity of a substance was calculated using published data from laboratory-animal studies and from medical-examiner reports. Both the lethal dose and the effective dose listed in table 7.1 assume that the individual is a 70-kg adult human in good health who has not developed a tolerance to the substance as a result of prior use. The quantities refer to the weight or volume of the active material, not to the weight or volume of other substances that may be used as an extender, filler, or vehicle for the primary active ingredient.
An obvious difficulty in estimating lethal doses of illicit substances in non-laboratory situations is the unknown composition and purity of the administered material. For example, postmortem examination of six fatalities caused by material represented as methylenedioxymethamphetamine (MDMA or "ecstasy") found toxic or fatal blood levels of MDMA in only two decedents; toxic or fatal blood levels of the more toxic paramethoxyamphetamine (PMA) were identified in all six cases (Byard, Gilbert, James, and Lokan 1998).
As previously noted, estimates of the effective dose depend, in part, on the intention of the user. The effective doses listed in table 7.1 are those most commonly used in social recreational situations by relatively inexperienced users.
The term "safety ratio" rather than "therapeutic index" is used in table 7.1 because the intended uses of the substances are nonmedical in nature. The numbers are presented solely for the purpose of comparing the relative safety of substances not as a precise quantification.
Even though absolute magnitudes of risk remain uncertain, this quantification can give policy makers a basis for systematically ranking risks and for establishing priorities for intervention programs.
The "Dependence Potential" column in table 7.1 is an attempt to combine the positive- and the negative-reinforcement definitions of dependence potential summarized earlier. Combining physical and psychological dependency appears to result in a significant loss of information only for cocaine powder administered intranasally. The psychological dependence described in research reports for intranasal cocaine ranged from "moderate" to "very high," while the physical dependence ranged from "moderate" to "low."
A graphic representation of dependence and toxicity is presented in figure 7.1. The most dangerous substance (i.e., intravenous heroin) appears in the lower right corner because it has the highest dependence potential and the lowest safety ratio. In contrast, psilocybin ("magic mushrooms"), LSD, and marijuana are clustered in the upper left-hand corner because they have lowest dependence potential and the least acute physiological toxicity. Orally ingested psilocybin, with a safety ratio over 1,000, is one hundred times "safer" than alcohol with a safety margin of 10. Again, these are only estimates, but there seems to be little doubt about the relative position of most (but not all) of the substances with respect to their acute lethality.
A significant limitation of the two-dimensional comparison in figure 7.1 is best illustrated by the location of LSD. Although it is "safe" with respect to potential lethality and addiction, its potency in altering consciousness makes it much less socially benign than, say, caffeine. Driving a car after ingesting LSD is obviously less acceptable than after drinking a cup of coffee. The consciousness-altering potency of a substance and the conditions under which it is used must be factored into any comprehensive assessment of safety.

(和訳文)
比較毒性

 乱用されること の多い各種精神活性物質の急性致死性を比較する目的で、8年間にわたり、約3000報の文献調査を行った。方法論および本調査の結果の双方に関しての詳細は、Gable(2004a, b)が問い合わせを担当している。対象物質の致死性の評価に関しては、動物試験および監察医の報告のうち公表されているデータを用いて推定した。表7.1 に記載した致死量と有効量の双方において、対象者は体重70kgの健常な成人で、対象物質の使用経験による耐性獲得はないものとした。記載した各物質の分量とは、活性物質の質量または容量のことであり、対象となる主要な活性成分に対して、場合により増量剤、希釈剤または賦形剤として用いられる他の物質の質量または容量は含まれない。

 違法薬物の致死量を推定することが明らかに困難であるのは、実験室のような科学的環境にないために、与えられた物質の成分構成と純度が不明であることである。例えば、メチレンジオキシメタンフェタミン (methylenedioxymethamphetamine、MDMAまたは通称「エクスタシー」)と称せられる物質によって死亡した6例の剖検では、MDMAの血中濃度が毒性または致死性を示していたのは2例のみであった。また、MDMAより毒性が高いパラ‐メトキシアンフェタミン(paramethoxyamphetamine、PMA)により死亡した6例では、全例でPMAの血中濃度が毒性または致死性を示していた(Byard、Gilbert、James、Lokan 1998)。

 前述の通り、有効量の推定は一部、使用者の意図に左右される。表7.1に記載した有効量は、比較的使用経験の少ない使用者が、他の仲間と楽しむために最も多く使用される量である。

  対象物質の使用はそもそも医療目的ではないことから、表7.1では用語として「治療指数(therapeutic index)」ではなく「安全比(safety ratio)」を用いた。同表における数字に関しては、正確な数量化による数字ではなく、単に物質間で比較した場合の相対的な安全度を示すための数字であ る。リスクの明確な大きさは依然、不明であるが、本稿において示した数字は、政策立案者にとって、リスクの度合を体系的に示し、介入計画の優先順位を定めるための土台とすることができる。

 依存性向に関して要点を先に述べたが、表7.1の「依存性向(Dependence Potential)」欄では、依存性向に関する正の強化と負の強化の統一的な定義を試みた。コカインの粉末を鼻腔内吸引した場合のみ、身体的依存性と精神的依存性の双方に関して、情報がきわめて不足していると考えられる。コカインの鼻腔内吸引に関する複数の調査報告に記載されている精神的依存性は、「中等度」から「きわめて高度」までの範囲だが、身体的依存性は、「中等度」から「低度」までの範囲である。

 図7.1では、依存性と毒性を グラフで表した。危険性が最も高い物質(すなわち、静脈注射したヘロイン)は、依存性向が最も高く、安全比が最も低いことから、グラフの右下の区画に示されている。ヘロインとは対照的に、シロシビン(psilocybin、通称「マジック・マッシュルーム」)、LSD、およびマリファナは、依存性向が最も低く、急性の生理学的毒性も最も低いことから、グラフの左上の同じ区画に示されている。シロシビンを経口摂取した場合は、安全比が1,000超となり、安全比10のアルコールより100倍「安全」である。また、これらの説明は推定に過ぎないが、急性致死性に関して、対象とした各種物質の(全てではないが) ほとんどの相対的な位置関係については、まず間違いがないと考えられる。図7.1の2次元的比較に著しい制約があることは、LSDのグラフ内での位置によ り最もよく見て取れる。LSDの致死性と嗜癖の可能性に関しては「安全」であるが、意識変容の効力に関しては、例えば、カフェインと比較すると、社会的に はかなり良性度が低い。LSDを摂取して車を運転することは、コーヒーを一杯飲んで運転するのとは違い、明らかに容認できない。対象物質が意識変容を引き起こす効力、およびその物質のさまざまな使用条件が、安全性のいかなる総合的評価を行う場合でも因子として考慮する必要がある。


 MDMAは、舩田氏がメチロンの実験報告の際、比較物質としてあげたもので、メチロンより前に日本で麻薬に指定されていました。しかし、MAPSなど先進的な科学機関において、MDMAは重度のPTSDの特効薬として研究が進められています。まともな実験もせず何でもかんでも一緒くたにして麻薬に指定することは、PTSDに苦しむ人を含む多くの一般市民の可能性を奪うことにつながるのではないでしょうか。